YOSHIKIや小沢さんも経験したヘルニアの恐怖

「その手術ちょっと待った!」早期治療にまだ間に合う!

多くの椎間板ヘルニアになってしまった人はまずは「手術しないとだめなのかな」と思うはずです。しかしそれは本当に適しているのかもう一度考えたほうが良いです。なぜかというと、椎間板ヘルニアになったとしても軽度の場合もありますし、早期発見で手術をしないで治すこともできるからです。どんな病気にせよ早期発見で治療ができるように、この病気も早めに適した方法で治療することによって症状を緩和することができます。

多くの人は椎間板ヘルニアになったときに、重いものを持ってしまったり、スポーツで捻ってしまったり、長時間座っていたりもしくは長時間立っていたりすると思います。そういったことが原因なので、突発的で尚且つ激痛が走ってしまうため「急いで治療しなくては」と思ってしまう人が多く、その結果手術しなくてはいけないという感情が頭によぎってしまうのです。

しかし、軽度の椎間板ヘルニアであれば、安静にしていれば順調に快復していきます。治療方法も装具治療や安静治療というコルセットなどによって固定して安静にしておく方法やブロック療法などの椎間板の部分に直接注射して痛みを軽減する方法、薬物療法など文字通り薬で緩和する方法があるので、手術まで踏み切らなくても十分に治すことが可能な病気といえます。ただし、これは生活習慣や日常生活の姿勢、運動などによって引き起こされることが多いので、自分から意識して生活習慣を改善していくことが重要です。

椎間板ヘルニアになってしまうと多くの人はそのことに絶望してしまいます。しかし、しっかりした手順と方法を用いて治療していけば、確実に緩和することのできる病気です。現代人は軽度の腰の痛みなどは我慢してしまうこともあるので、そういったことのないようにまずは意識改革、そして椎間板ヘルニアになってもまずは焦らずに相談することが何よりも必要になってきます。