YOSHIKIや小沢さんも経験したヘルニアの恐怖

ツボ治療も椎間板ヘルニアを緩和させる手段のひとつだった

みなさんは椎間板ヘルニアというものをご存知でしょうか?これは最近現代人に多くみられる病気で腰に中から針を刺されているよう激痛を感じたり、足腰に痺れ感が付きまとったりすることなのですよね。さらにはそこから足の痛みに関わってきたり背骨の痛みにも関わってきたりすることもあるので、腰痛は侮ってはいけません。ただの腰痛だと思ってそのまま放置しておくと運動神経の麻痺ということにもなりかねません。

この椎間板ヘルニア自体の治療はそこまで難しいものではありません。しかし、放置してその状態が悪化していくと慢性的な痛みになって、なかなかその痛みが身体から抜けなくなっていくのですよね。それに先ほど述べた運動神経麻痺などの症状になることもあります。こうなってしまうとなかなか治すのが困難になるので、まずは悪化することを予防すること、そしてゆくゆくは根本的な腰痛を解消していくことが大切になってきます。

最近は坐骨神経痛や椎間板ヘルニアになっている人も多くて、それを治療している人もたくさんいます。一番効果的な方法としましてはコルセットなどを装着して安静にしていることなのです。筋肉が衰えている現代人はこのコルセットが筋肉の変わりになって腰の骨の負担を減らしてくれるのですよね。この治療法が効果的なのですが、最近ではツボ治療も椎間板ヘルニアを緩和させる手段のひとつとして知られてきています。人間には各部位に繋がる神経があり、その神経の元となるツボを刺激することで、繋がっている部位を健康にしていくことができるのです。

とくに椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などには殷門というツボや承筋、腰腿などのツボがあり、それが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療によく使われているといわれています。ここを刺激することによって痛みが緩和されることがあるのですよね。殷門は太ももの裏の中央に位置するツボで主に坐骨神経痛の痛みを緩和してくれ、承筋は足の外側の中央にあるツボで主に足腰の痛みに関してのツボ、そして腰腿は手の甲の骨と骨の間にあるツボです。それらを使うことで、痛みを緩和することができるので、ツボ治療を用いて痛みを緩和したい場合はこういったツボがあることを覚えておいたらよいかもしれません。

最近はとくに仕事で忙しかったり、学校で忙しかったり、子育てに奮闘していて時間が無かったりすることで身体の痛みが生じても我慢してしまう人がとても多くいます。身体の危険信号をうまくキャッチして、それに対応していくことが椎間板ヘルニアを予防する手段となり、しいては身体全体の健康を維持していくことに必要なことなのです。