YOSHIKIや小沢さんも経験したヘルニアの恐怖

椎間板ヘルニア治療に漢方薬の効果が気になる

椎間板ヘルニアの治療方法のひとつに漢方薬があります。病院などでもらう薬があまり効かない、あるいは薬に頼りたくないと考えている人、薬に抵抗がある人が、利用することもある治療方法であると言えるでしょう。

椎間板ヘルニアに特化した漢方というのはないと言えます。漢方は非常に多様な機能性、効果を持っており、その中のひとつが椎間板ヘルニアにとって良い影響をもたらすことになるでしょう。(漢方の種類などによって効果や影響力は違ってきます)

そのため椎間板ヘルニアを良くするというイメージよりも、体の中の状態を良くしていき、椎間板ヘルニアの影響力を弱めるというようなイメージになります。

漢方を利用していく上で、知っておくと良いことは、「血流を良くして、体を暖める」ことが基本になるということです。椎間板ヘルニアに限らず、体を冷やし、血液の流れを悪くすると、痛みが出てきてしまったり、体の異常が出てきてしまうことはあります。

逆に体を暖めて、血液の流れを良くしていくと、体の組織が元気になり、代謝が良くなりますそうなると、痛みの軽減、症状の緩和、異常の消失など体にとって良いメリットを感じることができるようになります。漢方を利用していく際はこのようなことを意識して利用すると良いでしょう。

漢方を利用する際には体質に注意!

漢方というのは基本的に副作用などをあまり気にする必要がないものとして存在しています。

しかし、薬になるようなもの全てには必ず副作用というのは存在します。漢方も利用の仕方を間違えてしまえば、体にとって良くない要素が生まれてくる可能性があることを知っておいて下さい。

また、刺激が強過ぎることから、アレルギー症状が出てきてしまったり、体質に合わないことから、予測もしないような症状が出てきてしまうリスクもないわけではありません。漢方を利用していて、異常を感じた場合には、利用を一度やめ、医師に相談していくことが必要です。(持病があったり、薬を既に服薬している人、食品アレルギーが多い人は、あらかじめ、相談をしてから、漢方の利用をすることをおすすめします)

※漢方の購入をする際、専門店であると、漢方に詳しい人から説明を受けることができる場合もあります。個人の判断では何を選んで良いか分からない場合、専門の人に相談し、良い漢方を選んでいくと良いでしょう。椎間板ヘルニアの症状を伝えれば、それに即した漢方を選んでくれる場合もあります。